Re:start ~ゼロから始まった夫婦で子育て戦記~

30歳目前、人生の大方向転換中&夫婦で子育てハッピーライフ

子供の幼稚園、役員決めの時期ですね~

f:id:JAB1987:20170411131946j:plain

こんにちわ、おっとです。

 

今日は妻が息子の幼稚園の役員決めに参加しています。

さてさて、どうなるんでしょうか?

 

今朝、仕事前に妻と話していました。

 

私:「どうする~?」

つま:「誰もいなければ・・・ねぇ」

 

とは言いつつ、妻は案外やる気あるみたいです!w

 

 

つまの性格上、効率的にやりたいという気持ちが強いため、

おそらく自分からやる!と言って帰ってくると思いますが、

私はそれでも良いと思います。

 

もちろん妻に大半のことを任せてしまうと思いますが、

私も少なからずお手伝いしたいと思っています!

 

転職というか、自分で自営業を始めてみて、地域に密着してみて強く感じます。

 

「もっと能動的に地域貢献して、盛り上げていきたい!」

 

と。

 

もちろん、自分の生活もあるので、余裕があるわけではありませんが、

何か人の役に立てるようなことをしたいし、

 

若い世代(?)がもっとガツガツ動いていけば、もっと楽しい街になる。

 

そう思います。

 

そのための第一歩は、とにかく行動することだと思うんです!

 

 

帰ってきたつまが「役員になったー」って言うことに100円!!

 

   

マストドン(mastdon)使ってみた。口コミもレビューもまだ書けるほど使ってません・・・

f:id:JAB1987:20170425180108j:plain

ここ最近ネット上で話題になり始めたマストドン

時代に取り残されないように食らいついていこうと思って、アンテナを張っていたら引っかがったのがこの「マストドン」。

 

iOS版のアプリも同時にダウンロード。

 

とりあえずは、PCのみでしかやっていませんが、よくわからないです。

Twitterのような感じなんでしょうが、そもそもTwitterを利用していなかったので私には未知の領域。

 

500文字のつぶやきができるようです。

Twitterと大した差はないようですが、今はまだTwitterほどのユーザーはいないし、まだみんな手探りという感じ。

 

ちなみに、何回かつぶやいてみましたが、すぐに「お気に入り?」をされました。

誰がどう私の書き込みを見たのかわかりませんが、とにかく書き込みをして数秒後には何らかのアクションがあります。

 

うーん、、、このツールをどのように利用するのが効果的なのかよくわかりません。

 

そしてこのツールは広告などもないので、何を目的に作られているのかわかりません。

かつ、FacebookTwitterと違って、「退会」の設定がないんです。

今後、退会の機能がついてくるとは思いますが、まだまだ進化の余地があるツールだと思います。

links-hub-tech.com

スポンサーリンク

 

育児あるある?

f:id:JAB1987:20161029095111j:plain

私はよくこどもをお風呂に入れます。

 

小さいうちはいろいろと気を遣うことが多くて、少し緊張しますが

子供との触れ合いが持てるし、妻が一人でゆっくりお風呂に入る時間を

作れるので、一石二鳥だと思っています。

 

息子のときもそうだったんですが、去年の10月に生まれた娘もやってくれました。

 

 

これってあるあるですよね?

 

 

身体洗ってるときとか、ふいに抱き上げたとき、

 

 

うんちを浴びせられます。

 

 

そして、それって出たばかりの水分の多いモノ。

 

まさに体温と同じ温度で、かけられても気づかないんです。

 

子供の入浴が終わって、妻に受け渡すとき、

 

妻「!!!!!!」

 

私「???????」

 

妻「うんち!」

 

私「・・・・。」

 

娘「(ニヤニヤ、すっきり!)」

 

 

 

このくだりは、2歳上の息子の時にもありました。

 

もう私としては慣れっこです!!

 

よくありますよね~。

ありますか?

ありますよね?

 

そんなことも今しか味わえない幸せな時間だなと心から思います。

 

   

今日はこどもを背負いながら仕事!

f:id:JAB1987:20170420101331j:plain

 

ももう少しで仕事復帰したいといっています。

自営業になったばかりの我が家にとって、家計的にはとても助かります。

 

とは言ってもそんなに切羽詰まった金銭状態ではないですよ!w

 

でも妻が仕事を始めるうえで心配なのが、やっぱり子供のことです。

 

私が心配なのではなく、妻が心配しているんです。

 

 

お母さんって、子供に何か(風邪とか)があったとき、

仕事中であろうが関係なく、幼稚園や保育園に迎えに行かなければならない。

 

 

「いかなければならない。」

 

えっ?なんで義務?

Mustである理由は?

 

無いですよね!迎えにいくことはマストですが、

「お母さんが」はマストじゃないんです。

 

なんでお父さんはそれくらいフレキシブルに働かないんだろうか?

 

お父さんがたまには仕事を途中で切り上げて、迎えに行くことができませんか?

 

 

「できない」という風潮があるだけです。

 

 

現に我が家では私が子供を送り迎えしたりもします。

もちろん仕事をしながら。

 

 

「そんなこと一般的には無理なんだよ!世の中そんなに甘くない!」

 

とか言っている声が聞こえてきそうですが、

そういう人は、「変えたくない」だけなんですよね。私から見れば。

 

「一般的」とか「普通」とか誰の基準ですか?

 

今や「普通」は変わりつつあり、

女性が如何に「男性と同じように能力を発揮」できるようにするか、

を考えるような風潮なんですよ!

 

「変えたくない」と思っているのは男性の方。

職場が悪いわけではないですよね。

 

 

 

かといってすぐにこの男の感覚が変わるわけではないでしょうが、

少なくとも我が家は、仕事も育児も可能な限り協力してやりたいと思っています。

 

そのための環境を整えることが、今一つの目標です。

 

 

今日は、娘をおんぶしながら仕事をしています!

待機児童問題について

f:id:JAB1987:20170418163519j:plain

※待機児童問題で悩んでいる方はお読みにならないでください。

 

 

「待機児童問題」

 

一時、ニュースで毎日のように取り上げられていましたが、

最近はめっきり報道される回数が減りました。

 

だからと言って、急速に対応がとられ、受け入れ人数が増えたわけではないので、

ただ、話題のトレンドが過ぎ去っただけで、何も解決されていないと思います。

 

私の住む地域では幸いにして、待機児童問題は発生していないようですが、

やっぱり都心とかはまだまだ「日本シネ!」って感じなんでしょうか?

 

確かに、待機児童がたくさんいる地域は大変でしょうね。

お母さんは、働きたくても働けないんですから。

 

きっとバリバリ仕事していた女性が、結婚出産を機に一度仕事から離れ、

育児に一段落ついたから、「よし、働くぞ!」と思っていたのに、

子供を預けるところがないから働けない!って感じなんでしょう。

 

これってとても大変なことですし、

お母さんの立場からするとイライラもするでしょう。

 

働かなきゃいけないけど働けないっていう人はもっと悲惨ですね。

お金を稼がなきゃ子供を養えない。でも子供を預けられないから

働けない。

 

それこそ、社会に不満をぶつけたくもなるかもしれないですね。

 

 

 

私はそんなお母さんの味方になりたい!

 

とは思いません。

 

 

何故なら解決方法があると思っているので。

 

だって、土地にこだわらなければ預けられる地方は確実にある。

 

そして預けなくても働く方法は確実にあるんです。

 

子供を授かった時点で予期できることですよね。

それを覚悟で生んだのだから、社会に責任を押し付けるべきではないと思います。

 

まずはできる限りの努力をして、それでもだめだったときに大々的に文句を言えばいいんです。

 

 

これは、一個人の意見です。不快に感じた方がいましたら申し訳ありません。

世の中にはいろんな考えの人がいます。その中の一人のつぶやきです。

 

家庭持ち男の退職・転職・独立

現在の仕事に不満を持っている場合、どんな人でも退職や転職を考えるでしょう。

私がそう思って退職したので、他にもたくさんの人がそう思っている人がいると思います。

 

そんな中で起業、転職について考える機会って徐々に増えてきていると思います。

社会的にも起業やスタートアップに対する興味は高まっているのではないでしょうか?

 

しかしそんな中、ひしひしと感じる若い世代の「安定志向」

 

安定を求めることは現代人として当然だと思います。

 

だって、将来が不透明だから。

 

今の年寄りはバブルの時代を知っています。

だから、夢みたいなことを若者に対して軽々しく語る。

 

でも若い世代は、経済が衰退していくところしか見てないんです。

不況という状況を知っている、だからこそ安定志向になるんです。

 

安定していれば、自分の老後くらいは何とかなる。

 

そう思うから。

 

 

私もまだ若いと思っているので、若者の立場です。

そんななか、私はそれなりの年収を捨てて、独立することを決めました。

 

そんな時に、たくさんの情報にふれ、たくさんの考え方を学びました。

 

まだ、形にはなっていませんが、何かをぶち上げたいと思っています。

 

http://links-co-working.com/start-up/column1-2017-4-14/

 

タイトルとは大きくかけ離れてきてますが・・・

f:id:JAB1987:20170411183135j:plain

~夫婦で子育て戦記~のはずが・・・

ブログタイトルと内容が大きくずれていますが、気にしないでください笑。

退職してからというもの、「ビジネス」について考える機会が増えたり、試験勉強したりと、そっちに目がいってしまいまして・・・。

 

かといってその間、育児放棄していたわけではありません!!

むしろ、かなり子育てに密着しています!!

自営業を始めたことで、家族との時間を過ごすことができるようになってきました。

 

育児に参加するってことは、もちろん子供のためでもありますが、妻のためでもあります。夫が育児に参加しなかったら、妻の時間はほとんどなくなります。

男は職場で自由時間や休憩時間はありますが、家で子供と過ごしている女にはほとんど自由時間はありません。

 

「子育てなんて、それが当然!」という人には関係ありませんが、少なくとも我が家では、みんなが充実して、みんなが適度に休める家庭でなければならないと思っています。

だからこそ、夫の私が家事育児をがんばって、私が家にいるときくらい妻の自由時間を作り出そうと思っています!

そうすることで、妻の機嫌も良くなり結果的にいい夫婦関係が保たれているんだと思います笑。

 

ちなみに、2月にオープンしたお店はまだまだ赤字続きですが、少しずつお客さんが増えてきましたよ!

 

スポンサーリンク